MENU

EVENT

2015年7月の開催されたイベント

73日(金)

1日限定のトークイベント

OPEN17:00 START17:30 END18:30

【受付終了】発想は、どこから 生まれるのか? 室井淳司×山崎亮

COMMUNICATION DESIGN & COMMUNITY DESIGN
価格1,500円(ワンドリンク代含む)
主催者㈱博報堂 博報堂生活者アカデミー
座席種30席 ※お申込み先着順です

2013年当時の現職フェローで博報堂最年少フェローから独立した、コミュニケーションデザイナー、一級建築士の室井淳司さんと、
TBS系列「情熱大陸」に登場するなど、まさに時の人となっているコミュニティデザイナーの山崎亮さん。

建築ファンや、コミュニティ構築に興味がある方にとって、待望の夢の対談が実現します。
実は、このお二人は公の場、プライベートの場での対談はもちろん、お会いするするのも初めて。
このイベントが決まった時から、お二人ともソワソワしているそうです。

今回の対談では、イベント会場となる「HASSO CAFFEという新しいコミュニケーションの場」の空間デザインをした室井さんと、
「HASSO CAFFEを中心とした地域社会のコミュニティづくり」などを発想せずにはいられない山崎さんとが
この場でしか聞くことのできない、体験することのできない、お客さま参加型トークを繰り広げます。

二人の異色のデザイナーと交わえるトークイベントに、ぜひお越しください!

※ 好評につき立ち見になる場合がございます。ご了承ください。

*****************************************************************************

■プロフィール
◆室井淳司(むろい あつし)
クリエイティブディレクター/ブランドアーキテクト/一級建築士
1975年広島県生まれ。
2000年東京理科大学理工学部建築学科卒業後、株式会社博報堂入社。空間開発チームに所属し、
空間デザイナーとして企業ブランディング、空間・店舗ブランディング、デザイン戦略コンサルティング、体験コミュニケーションクリエイティブ業務に従事。

2007年体験ブランディングを実行する博報堂社内組織を発足。
2009年ミラノサローネサテリテ参加。
2011年金沢美術工芸大学非常勤講師。
2012年博報堂史上初めて、広告制作職以外からクリエイティブディレクターに当時現職最年少で就任。

2013年博報堂を退職し、ブランディングファーム「Archicept city inc. 」設立。
2013年4月〜2014年3月博報堂フェロー。
2013年5月より株式会社表参道布団店 取締役/クリエイティブディレクター。

受賞歴
RED DOT DESIGN AWARD Best of the best 2011
GOOD DESIGN AWARD 2009,2011,2014
ADFEST Grandprix 2014
CANNES LION Bronze 2014
JCD Best100 2011,2012
DDA AWARD 2008,2009,2010,2011
JPM PROMOTION AWARD Gold 2013
SPIKES ASIA Design finalist 2009
AD STAR Design finalist 2009 他


◆山崎亮(やまざき りょう)
studio-L代表。東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)。
慶応義塾大学特別招聘教授。

1973年愛知県生まれ。
大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。
建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。
地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。
まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。
「海士町総合振興計画」「studio-L伊賀事務所」「しまのわ2014」でグッドデザイン賞、「親子健康手帳」でキッズデザイン賞などを受賞。
著書に『コミュニティデザイン(学芸出版社:不動産協会賞受賞)』『コミュニティデザインの時代(中公新書)』
『ソーシャルデザイン・アトラス(鹿島出版会)』『まちの幸福論(NHK出版)』などがある。

※チケットお申し込みボタンをクリックしても「個人情報」は一切取得しておりません。

※ 好評につき立ち見になる場合がございます。ご了承ください。

開催されたイベント

  • 2016
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
  • 2015
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12

SHARE